ページの先頭

10KW以上の太陽光|年間発電量ってどれぐらい?

10kw太陽光の年間発電量について記しています
SITE TOP >
  • 10KW以上の太陽光の年間発電量ってどれぐらい?

  • 10kWの各メーカーごとの年間発電量を調べたところ、メーカーにより違いはありますが、およそ1192kW〜1314kWとなっています。

    これらのデータは、2012年の1月〜12月にソフトバンクSBエナジーが発電試験を行ったときのものです。

    当然ですが、屋根の面積が多いものの方が発電量が多くなります。

    しかし、太陽光発電は様々な条件で発電量が変化してきます。

    屋根の角度、日照条件等がそうですが、雨が多い地域では、やはり少なくはなると言えるでしょう。

    また、カタログのスペックに記されている出力や変換効率は、あくまで特定の条件の元での数値ですので、実際に設置した時の発電量は異なってきます。
  • 太陽光発電の設置には見積もりを

  • 太陽光発電の設備を設置しようとしている場合、どのメーカーの設備が最適かというのは、見積もりを見ればはっきりとわかります。

    検討している場合は、一括見積もりを依頼し、しっかり検討をしましょう。

    また、屋根の面積が広いのであれば、ソーラーフロンティアがオススメとなります。

    当サイトの人気記事

     1番人気! 10kw以上の太陽光設置のオススメや良い点悪い点を記しています 
Copyright (c) 2014 10KW以上の太陽光|年間発電量ってどれぐらい? All rights reserved.